Category: Finland

October 20, 2018 Yuuki Nishiyama 0 Comments

フィンランドでは、アイスホッケーが最も熱いスポーツらしいと言うことで、相部屋の博士学生と初観戦に行って来ました!フィンランドのナショナルチームは、オリンピック・W杯でも常に上位にいる程レベルが高いそうです。 そして何とOuluには、Ouluを拠点にするOulun Kärpätというプロチームがあって、かなり強い(去年の優勝チーム)。アリーナもOuluの中心街から徒歩で行ける距離(駅の反対側)にあります。 チケットはここから買える(約30ユーロ)。 アリーナの外観。少し遅れて行ったの、外には誰も居ない。 通路も同じく。入り口には一応セキュリティーの人が居て、相棒は「弁当箱が危険」だと指摘されて回収(と言うより、入り口に放置して、帰りに各自回収。。平和過ぎるよ笑)されていた。 席に到着!結構人が多い! インターミッション(15分間の休憩時間)に記念撮影 パックの動きが速すぎて追えない(笑)壁を使ってパスをするのは斬新。そして審判がかなりハードワーク。ちなみに”金のヘルメットの選手”がそのチームの得点王らしい。 インターミッションで売店へ。「ソーセージがオススメ」と言われて食べてみたけど、味は微妙だった(笑) 噂のソーセージ 試合終了。この日は、試合終了間際にOulun Kärpätが1点決めて、見事に勝ちました! 細かいルールは分からなかったですが、激しくスピード感のあるプレーが多く、エキサイティングで楽しい時間でした!時間を見つけてまた観戦に行こうと思います。 以上、Ouluでの初アイスホッケー観戦でした。次回はフィンランド野球も観戦(プレー?)できたらなと思っています。 2+

September 16, 2018 Yuuki Nishiyama 0 Comments

現在所属しているオウル大学、Center for Ubiquitous Computingの紹介。 Center for Ubiquitous Computing は、オウル大学 Faculty of Information Technology and Electrical Engineering(直訳すると電子工学・情報技術学部)の中にあるラボです。現在、3人の教授陣と、5人のSenior Research Fellows(任期付きの助手ぐらいのポジション?)、自分も含めて8人のポスドク、11人のPhD学生、10名のRA(修士学生)が所属している大学内のラボとしてはかなり大きな組織です。(所属メンバーの詳細はこちら) ラボは非常に国際的で、EU各国はもちろんのこと、アフリカ・南米・アジアから多くの研究者が集まっています。ラボの入り口にある世界地図には、ラボ所属者の出身地にピンが刺しています。フィンランド人も所属していますが、母国語がフィンランド語以外の人が半分以上なので、ラボでのコミュニケーションは基本的に英語です。 研究分野は、 Digital Health Edge Computing Social Media Civic Engagement Internet of Things Natural Language Processing 3D Printing Digital Fabrication Augmented, Virtual Mixed Reality Mobile Computing / Human-Computer Interaction 5G/6G Artificial Intelligence などなど、かなり幅広い分野を対象にしています。 その中でも私は、Dr. Denzil Ferreira がリードするMobile Computing / Human-Computer InteractionやDigital Healthが対象の研究チームに所属しています。彼の博士論文では、AWAREと言うオープンソースのモバイル・IoTセンシング基盤(クライアントとサーバサイドの両方)を開発しており、その基盤をうまく活用したセンシングとその計測データを用いた問題解決を軸に研究しています。特に最近は、医療機関と共同でヘルスケア・予防医療・介護サポート系の研究に力を入れています。(日本と同じくフィンランド社会でも少子高齢化は大きな社会問題になっており、研究分野的にその辺りの研究テーマは重要視されているみたいです。) 具体的には、以下のようなプロジェクトが、Academy of Finland(フィンランドの文部科学省)のサポートを受けて研究しています。 SENSATE: Entropy-AWARE Instrumentation for Just-In-Time Anomalous Human Behaviour Interventions STOP: Sentient Tracking Of Parkinson’s CARE: Context-awareness for Elderly Care   私自身の博士研究で必要だった、AWAREのiOS版クライアント(日本では約7割がiOSユーザなので)を開発したのが、私と彼との初めの繋がりです。それ以降、彼のプロジェクトにiOS版の開発者など様々な形でコミットしていた経緯もあり、今回ポスドクとして彼と働く事になりました。ちなみに、日本の大学で博士を取ってから、Center for Ubiquitous Computingに長期でポスドクとして働く人は、私が初らしいです(…責任重大!)。詳しい経緯は次回以降に書こうと思います! Center for Ubiquitous Computingのラボメンバーは、トップカンファレンスやACM/IEEEの論文誌にも積極的に投稿しており、研究のレベルは高い印象。この環境を生かせるかは自分次第。頑張れ俺! 2+

September 15, 2018 Yuuki Nishiyama 0 Comments

自分の勉強も兼ねて、現在住んでいるフィンランド・オウルについて少しまとめようと思います。 フィンランド共和国 日本では、ムーミンやオーロラ、サンタクロースで有名な国だと思います。歴史的には、お隣のスウェーデンに約700年、その後ロシアに約100年占領されており、2017年に独立100周年を迎えたばかりです。 Wikipediaによると、フィンランドの面積は338,400㎢で日本(377,942㎢)より少し狭いぐらいの広さです。また、フィンランドの人口は約500万人に対して日本は約1億2000万人なので、フィンランドでは約44分の1の人口で、日本と同じ広さの土地に住んでいることになります。(ちなみに東京23区の人口が約950万人、横浜市が370万人なので、フィンランドの人口は東京23区より少ないく、横浜市より多いです。) フィンランドのほとんどの土地は平坦な地形で、氷河によって形成された湖が無数に点在しています。日本に住んでいると「森=山」のイメージですが、フィンランドでは「森=平地」で、国中に森が広がっています。 気候は場所によって大きく異なりますが、首都のヘルシンキでは一年を通して -8 ~ 21℃ぐらい、私が住んでいるオウルは-14 ~ 26℃だそうです。私がオウルに到着した日(3月)は-26℃だったので、寒い日はそれぐらい冷え込みます。 フィンランドの産業は、1980年以前は林業や農業が盛んでしたが、その後ハイテク産業にシフトします。特にノキアに代表される携帯電話産業が大きく発展し、ノキアは2011年までは世界最大の携帯電話端末メーカーでし。しかし、その後iPhoneやAndroidと言ったスマートフォン勢に押し負けて、携帯電話部門はマクロソフトに買収されます。携帯電話の通信設備では現在も世界第2位。 オウル オウルは、フィンランドの中部(と言っても2時間ほど車で走れば北極圏なのでほぼ北部)に位置する人口約15万人(国内第6位)のフィンランド北部の中心的な都市です。(人口だけで言うと、東京都多摩市ぐらいの規模)  オウルには、オウル大学(The University of Oulu)とオウル応用科学大学という二つの大学があり、私はオウル大学に所属しています。オウル大学は、フィンランド国内で3番目に大きな大学で、世界大学ランキングでは301-400位、コンピューターサイエンス部門では98位(東大:37位、京大:53位)にランクインしている大学です。特に無線通信分野が強く、5G・6Gの研究拠点でもあります。 ノキア通信部門のR&Dなど、ハイテク企業が多く研究拠点をかまえており、オウルではスタートアップも盛んです。町中にフリーの公共Wi-Fi、各バス停に設置された公共ディスプレイでバスの位置をリアルタイムに確認できるなど、先進的なサービスやそれを使った研究が行われています。日本と違って、バスは予定通りにほぼ来ないで、バス情報はかなり便利(-20℃の中、バス停では待てない。笑) ちなみに、日本でも有名な「エア・ギター世界選手権」が毎年開催される町でもあります。 日本人も居る!https://t.co/UWwqlHGe5i#airguitar #WorldChampionships2017 #Japanese pic.twitter.com/ifakWc2VOH — Yuuki NISHIYAMA (@tetujin23) August 25, 2017   今回は、フィンランド・オウルの概要をまとめてみたので、次は所属しているオウル大学のThe Center for Ubiquitous Computing について紹介しようと思います。   3+

September 9, 2018 Yuuki Nishiyama 0 Comments

慶應義塾大学で博士(政策・メディア)を取得してから約一年、フィンランド・オウル大学でのポスドク生活が始まって約半年が経ちました。 新しく自分の研究活動&成果を紹介するウェブページを作成したので、研究活動の記録・発信・振返りの為にブログを始めました! このブログでは主に、 海外大学でのポスドク生活 技術的なメモ 学会参加報告 本・論文の感想や意見 趣味(写真や旅行、スポーツ)…etc を投稿しようと思います。 日本国内の大学で博士を取得後に、海外大学でポスドク(給料は海外大学の研究資金から)として働くのは、比較的珍しいケースだと思うので、海外大学でポスドクを考えている現役博士学生の参考になれば幸いです。 3+